プロフィール

堀口 裕

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

医社)健翔会 堀口医院

 2019年05月 
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
最近の記事

炎症を溜めない (05/15)

情熱をもって (04/30)

4月、5月の時期 (04/27)

骨を丈夫に! (04/14)

日々の健康努力を! (03/31)

バックナンバー

2019年 05月

2019年 04月

2019年 03月

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

炎症を溜めない

2019年5月15日00:38:00

                                                                                         No.808

今日は身体が重いな~、だるいな~、しんどいな~、あるいは

関節が痛いと感じるのは、身体に炎症が溜まっている状態です。

炎症は心身のストレスと過労が持続していると溜まります。

でも通常は身体の末端まで血液循環が良ければ、炎症は去って

いきます。つまり除去されます。

しかし肩こりなど筋肉の凝りが血管を圧迫すると、血行が悪くなり、

炎症が身体のあちこちに残ってしまいます。

とくに季節の変わり目、まさに今頃は何も特別な事情がなくても

凝りが酷くなります。

その結果、身体がとても重く、だるく、しんどくなります。

また炎症をそのまま残しておくと、病気の細胞が増加します。

つまり病気が起こりやすくなるのです。あるいは悪化するのです。

体調不良を難しく考えないで下さい。

わざわざ病気を高級品扱いしないで下さい。

とてつもない原因によって私の病気は誕生した、

などと思わないで下さい。

凝りを徹底的に解消しましょう。多くの場合、それで解決します。

還元電子治療を実践している方は、一回の治療時間を長めにして

下さい。こめかみ、首、肩、背中、腰などに30~60分です。

またゆっくりと20分ほど、深呼吸を取り入れながら散歩しましょう。

きっと元気になります。